マンション住み替える時に、知らないと損する賢い売却術

住み替えの際に、元のマンションは売却か、貸すかで迷うんですが…。

マンション売却を考えている人であれば、賃貸で貸すという選択肢も一度考慮してみると良いと思います。

 

早急にまとまったお金がほしいという状況であるならば、マンション売却という方法をとるべきかもしれませんが、そうでない場合は、賃貸で貸したほうが結果的に良くなるケースも考えられます。

 

一度売却をしてしまえば、あなたの資産でなくなってしまいますが、賃貸であれば資産として残しておくことができます。

 

しかし、売却と賃貸どちらが良いというのは一概に言うことが出来ません。

 

マンションを賃貸で貸すとなった場合に一番の大きなポイントは借りてくれる人が早く見つかるかどうかです。

 

すぐに入居者が決まれば、すぐに安定した収入が入ってきますし、長期的に安定した収入が入るということは非常に大きなメリットです。

 

しかし、なかなか借りてくれる人が見つからないと当然その間の収入は入ってきません。

 

賃貸料が入ってこなくても税金は払わなくてはいけませんし、仮にローンをまだ払っているという人にとっては、深刻な問題になってしまいますよね。

 

マンション売却した場合にはいくらくらいで売却出来るのかということや、賃貸で貸すとなった場合、自分のマンションは借りてくれる人がいるような、マンションであるのかを建物や周囲の環境などを総合的に考えて、どちらを選択するかを判断しなければいけません。

 

たまたますぐに入居者が見つかったなどといった、運もあるので非常に難しいところですよね。

 

マンションの住み替えのタイミングっていつがベスト?

マンションの買い換えを検討している場合に、考えなければならないのが、買い替えのタイミングです。

 

マンション売却をして、それを資金にあてなければ新しいマンション購入が難しいというのであれば、先にマンション売却するという選択肢に自然になると思います。

 

そうでない場合は、新しいマンションを購入してそちらへ住んでからマンション売却することが出来るのを待つということが出来ます。

 

自分の希望するマンションが既に決まっていて、早くそこに住みたいと考えている人であれば、この方法をとることになるでしょう。

 

マンションの買い替えの時に注意しなければいけないのが、買い替えのタイミングを誤って自分の住むところがなくなってしまう時期ができてしまわないようにするということです。

 

マンション売却する場合は、いつ売れるかわからない部分があります。

 

ようやく売却が決まったけど、まだ新しいマンションの購入が決まっていないからといって、もうちょっと売却を待ってほしいということは、ほぼ出来ません。

 

その期間だけ実家に住むことが出来るという場合はいいかもしれませんが、そうでない場合は、その期間を凌ぐために賃貸を探して一時的にすまなければならなくなります。

 

そうなると大きな手間となりますし、引っ越しする費用も無駄にかかってしまいますよね。

 

このようなことがないためにも、購入するマンションや購入する時期の見通しが立ってから売却を行うように考えなければいけません。